日本映画

実写映画『約束のネバーランド』のあらすじを解説【ネタバレ無し】

映画「約束のネバーランド」あらすじ

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
映画『約束のネバーランド』を観る前に大まかな内容を知っておきたい
シネマ子
映画『約束のネバーランド』の感想を聞きたい

「約束のネバーランド」の実写映画を観る前の人におすすめの記事です。ネタバレは無いので安心してください。

 

この記事の内容

・映画『約束のネバーランド』の作品情報

・映画『約束のネバーランド』の簡単なあらすじ

・映画『約束のネバーランド』の相関図・あらすじ

・映画『約束のネバーランド』の感想

この記事では、人気漫画を実写化した映画『約束のネバーランド』のあらすじや感想について紹介します。

この記事を読めば、映画『約束のネバーランド』の内容をしっかり把握し、より映画を楽しめるようになりますよ。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

オレンジ
映画「約束のネバーランド」は、原作を知らない人も知ってる人も楽しめる作品だよ

映画『約束のネバーランド』の作品情報

公開:2021年

上映時間:118分

監督:平川雄一郎

日本興行収入:未定

世界興行収入:未定

映画『約束のネバーランド』の登場人物

「約束のネバーランド」登場人物

主人公:エマ(女優:浜辺美波)・・・孤児院「グレイス=フィールドハウス」の最年長の少女。高い頭脳と運動能力を誇り、天真爛漫な性格。

レイ(俳優:城桧吏)・・・同じく「グレイス=フィールドハウス」の最年長の少年。非常に高い頭脳の持ち主で、いつも冷静沈着。

ノーマン(俳優:板垣李光人)・・・同じく「グレイス=フィールドハウス」の最年長の少年。孤児の中でもトップクラスの頭脳の持ち主。

イザベラ(女優:北川景子)・・・「グレイス=フィールドハウス」のママ。毎日優しく子供たち(孤児)の世話をし、育て上げてきた。子供たちからも愛されている。

クローネ(女優:渡辺直美)・・・「グレイス=フィールドハウス」のシスター。イザベラの補佐として急遽雇われることとなった。

映画『約束のネバーランド』の簡単なあらすじ

「約束のネバーランド」簡単なあらすじ

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

孤児院「グレイス=フィールドハウス」では、子供たちが幸せに過ごしています。優しいママ、美味しい食事、何不自由ない生活で最年長のエマ、ノーマン、レイも楽しく暮らしていました。

しかし、その幸せはある日突然崩壊しました。エマたちは、その孤児院に隠された衝撃のヒミツを知ってしまったのです。

実は、「グレイス=フィールドハウス」はただの孤児院ではなく、人間を食べる”鬼”用の食肉を育てるための「農園」だったのです。

優しいママ「イザベラ」が今まで育て上げてきたのは、愛する子供たちではありません。鬼に差し出す”大切な食肉”です。

エマ、ノーマン、レイは、家族みんなで農園から脱獄することを決めました。

エマたちが農園の秘密を知ったことがイザベラにバレて、新たな敵「クローネ」が農園にやって来ます。

エマ、ノーマン、レイは、イザベラとクローネにバレないよう、知恵を振り絞って”脱獄計画”を進めます。

 

食用児たちの脱獄は無事成功するのか?! ラストでは、息をのむ暇もないほど怒涛の展開が繰り広げられます。

「約束のネバーランド」の原作を見ておきたい方は、U-NEXTでアニメ・マンガの両方をお得に楽しみましょう。

 

相関図

登場人物の関係図を分かりやすくまとめたので、参考にしてみてください。

「約束のネバーランド」相関図

映画『約束のネバーランド』のあらすじ

映画「約束のネバーランド」あらすじ

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

孤児院での幸せな生活から一変...

エマ・ノーマン・レイとその他大勢の子供たちは、孤児院「グレイス=フィールドハウス」で幸せに暮らしていました。

ママ「イザベラ」もとても優しく、エマ含めてみんなママが大好きです。

 

ある日突然、少女「コニー」が里親に引き取られることになりました。

コニーはみんなに別れを言って、イザベラと一緒に”門”に向かいます。

コニーとイザベラが門へ向かった後、エマがコニーのぬいぐるみを発見します。そのウサギのぬいぐるみは、コニーが大切にしていたもの。

孤児が門に行くのは禁じられていますが、後で叱られる覚悟でエマとノーマンはぬいぐるみを持って門まで向かいました。

 

その門の先は薄暗く、だれ一人見当たりません。

大きなトラックの荷台の中をのぞいたエマは、驚愕します。その荷台の中には、コニーの死体が横たわっていたのです。

コニーの胸には赤い花びらの花が突き刺さっています。

エマとノーマンが怯えていると、誰かの声が近づいてきます。エマとノーマンはすかさずトラックの下に隠れました。

トラックの下からそーっと上を見上げると、そこには何と、見たことも無い怪物(=鬼)がいました。

鬼はイザベラと話しています。鬼は、コニーを”鬼用の食肉”として出荷しようとしているのです。

 

隙をついてエマとノーマンはその場を逃れました。

エマはイザベラがあの”鬼”の仲間だと認めたくないようですが、ノーマンは状況をすでに把握している様子。

つまり、イザベラは食用児を「グレイス=フィールドハウス」でずっと育てていたのです。(エマもノーマンもレイも、みんな食用児)

イザベラの正体にショックを受けたエマは泣き叫びます。

確認

「グレイス=フィールドハウス」は孤児院ではなく、”鬼”が食べる食肉(子供たち)を育てる農場だった。

農場からの脱獄計画を練る

エマとノーマンは、まず最初にレイにだけこの事実を話しました。

レイは「ノーマンはこんなくだらないジョーダンは言わない」と言ってすんなりと受け入れました。

エマは、「家族全員を外へ連れ出したい」と提案します。

家族の中にはまだ小さい子や運動の苦手な子もいるので、「全員は無理だ」とレイは言います。

しかし、ノーマンはエマに賛成し、子供たちみんなと一緒に農場を脱獄することになりました。

 

一方、イザベラは「誰がコニーのぬいぐるみを門まで持ってきたのか?」と疑問に思い、こっそり犯人捜しをし始めます。(門に来た=孤児院のヒミツを知られた、ということだから)

イザベラはエマたちを疑っています。

さらに、イザベラは”発信機”を持っており、どこに”孤児”がいるのかすぐに暴き出せます。

ノーマンは、みんなの耳にしこりがあることから「発信機は耳に埋め込まれている」と気づきました。

レイが「発信機の壊し方については俺に任せてくれ」とエマ、ノーマンに伝えました。

新たな刺客がやって来た

ある日突然、イザベラの補佐役としてシスター「クローネ」がグレイス=フィールドハウスにやってきました。

エマたちは、クローネは間違いなく自分たちの見張りだと確信しました。

イザベラは「秘密を知っている子どもがいる」とクローネに伝えます。

それを聞いたクローネは、「秘密を知った子どもたちを利用してイザベラを追放しよう」と企みます。クローネの目的は、「グレイス=フィールド」のママになることだったのです。

 

クローネは秘密を知った子どもを探ろうとしますが、イザベラは「余計なことはしないで」と強く言います。

クローネは子供たちにむやみに接触できなくなりました。しかし、クローネはまだ諦めていません。

ママ”イザベラ”の内通者が発覚

イザベラが自分たちに何もしてこないことに対して、ノーマンやレイは疑問に思い始めます。

そして、「子供たちの中に内通者がいる」という結論が導き出されました。

なぜ「子供たちの中にスパイがいる」と思った?

・イザベラは何もしなくても子供たちの状況を把握できる

・孤児院には監視カメラや盗聴器はない

・そのため、子どもたちの中にいる内通者がイザベラに情報を渡しているとしか考えられない

 

エマ、ノーマン、レイの3人は、1コ年下の「ドン」と「ギルダ」にも秘密を打ち明け、脱獄作戦に加わってもらおうと考えました。

そこでノーマンが”罠”を仕掛け、ドンとギルダが内通者かどうか暴こうとしました。

しかし、その罠にはまったのはドンでもギルダでもなく、何とレイでした。つまり、レイがイザベラの内通者ということ。

レイは、ずっと昔から孤児院のヒミツを知っていたのです。そして、秘密をもらさないこと・イザベラに協力する(スパイとして働く)ことを条件として、自分の出荷を遅らせていました。

しかし、ノーマンはレイが”裏切者”ではなく、自分たちを助けようとしていることを見抜きます。

レイは、エマとノーマンを外へ逃がす計画をずっと昔から考えていたのです。(つまり、レイはイザベラの二重スパイということ)

エマはレイに「もう一人じゃない。みんなで逃げよう」と言います。

ドンとギルダも作戦に加わり、エマ、ノーマン、レイ、ドン、ギルダの5人は脱獄計画を進めます。

クローネが出荷される

エマたちが作戦会議していると、クローネが接触してきました。

クローネは「私はあんたたちを逃がしてイザベラを墜落させたい。あんたたちは農場から脱獄したい」と言い、協力を持ち掛けます。

クローネは「知りたいことがあったら私の部屋にいらっしゃい」と言って去っていきました。

 

エマたちは、クローネが本当に協力してくれるとは思っていません。情報を聞き出すだけ聞き出そうと考え、エマたちはクローネの部屋に向かいます。

しかし、話をしている中でクローネは「エマたちがすでに発信機の壊し方を知っている」ことを見破ります。

レイはすでに発信機を無効化する装置を完成させており、隠し部屋の中にずっと隠していました。

エマたちはクローネの裏をかいて、その装置を豚のぬいぐるみに隠します。

しかし、クローネは裏の裏をかいていました。クローネは豚のぬいぐるみに無効化装置が隠されていることを見破り、それを取り出そうとします。

その時、イザベラがやって来て、「クローネの出荷通知」を言い渡します。(クローネはもう用済みになったから)

クローネは最後に”あるペン”をノーマンの机の引き出しに残して、「グレイス=フィールドハウス」を去っていきました。

ノーマンの出荷が決定

イザベラは、レイの裏切りにもすでに気づいています。イザベラは、「ここからは自分一人で動く」と決めました。

エマとノーマンが脱獄の下見をしていると、イザベラがやって来ました。

イザベラは「抗うのは止めなさい」と言い、脱獄を諦めるよう諭しますが、エマは抵抗します。

すると、イザベラがエマの足を折ってしまいました。エマは泣け叫び、ノーマンは足を止めます。

そしてイザベラは、ノーマンの出荷が決まったことを伝えました。ノーマンは青ざめた表情を浮かべます。

 

エマとレイは、「発信機を無効化して、エマの足が治るまではハウスの外に隠れろ」とノーマンに伝えました。彼らは、エマの足が治り次第、脱獄計画を実行しようと考えています。

しかし、ノーマンは発信機を無効化せずに、脱獄の下見だけして戻ってきました。

ノーマンは自分のせいでエマとレイを危険に晒すわけにはいかないと考え、「僕の命はくれてやる」と覚悟を決めていたのです。

脱獄成功のカギとなる情報だけ伝えて、ノーマンは出荷の日を迎えます。

エマは最後の最後まで抗ってノーマンを引き留めようとしますが、ノーマンの気持ちは変わりません。

エマ、レイ、ドン、ギルダは何も言えず、ノーマンを見送りました。

ノーマンがいなくなってからエマとレイは気力を完全に失い、何もすることなく2か月の時が過ぎました。

オレンジ
エマとレイは本当に脱獄を諦めてしまったのか?!

ここから予想外の展開が繰り広げられる!

映画『約束のネバーランド』の感想【ネタバレ無し】

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

キャストがみんな良かった!

私は原作「約束のネバーランド」のファンなのでそれぞれのキャラクターの特徴はすでに知っていました。

主演の浜辺美波は、明るく無邪気なエマを見事に演じ切っています。

ノーマン役の板垣李光人も、縁起が上手くてノーマンにはまっているなと感じました。

多くのレビューでは「レイ役の城桧吏が活舌悪くて演技下手だった」と書かれていますが、私はレイ役の子も良かったと思います。

確かに活舌は少し悪いように感じましたが、レイの雰囲気がしっかり出ていて、違和感は全く感じませんでしたよ。

 

そして何といっても、イザベラ役の北川景子とクローネ役の渡辺直美が素晴らしかったです!

北川景子はイザベラの冷たい雰囲気を見事に表現しており、配役が素晴らしいなと感じました。

イザベラの優しい表情から冷たい視線まで、見事に演じ切っていたと思います。

渡辺直美も、コミカルながらもどこか不気味なクローネを見事に演じ切っており、鬼ごっこの時の動きもとても面白かったです。

どの役者さんも上手かったですが、浜辺美波と渡辺直美は特に表情を作るのが上手いなと思いました。

原作を知らない人でも楽しめるはず

私は原作を知っていたので大体のストーリーは予想がついていましたが、それでも楽しんで鑑賞できました。

原作を知らない人でも、設定などは詳細に伝えられるので頭が混乱することはないと思います。

そもそもこの映画のストーリーは原作の第一章”脱獄編”を描いたものなので、予備知識などは必要ありません。全く原作を知らなくても楽しめますよ。

実際、私が原作の”脱獄編”を初めて読んだときは、面白すぎて夢中になってしまいました。独特な世界観に入り込めるのがこの作品の魅力です。

最後は予想できない展開が待っているので、興味のある方はぜひ鑑賞してみてください!

 

映画「約束のネバーランド」の感想
『約束のネバーランド』実写映画の感想・レビュー【ネタバレ無し】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子実写映画『約束のネバーランド』の評価は? シネマ子実写映画『約束のネバーランド』の感想を聞 ...

続きを見る

実写映画『約束のネバーランド』のあらすじを解説【ネタバレ無し】まとめ

「約束のネバーランド」あらすじまとめ

今回は、映画「約束のネバーランド」の作品情報やあらすじ、感想について紹介しました。

先の読めない展開がハラハラドキドキする作品で、とても見ごたえがあります。

原作を知っている人も知らない人も、ぜひご覧になって下さい。

 

「約束のネバーランド」の原作は見ておいた方が良いですか?
シネマ子
オレンジ
原作を見てなくても楽しめるけど、見ておいた方が原作との比較もできるしもっと楽しめるよ

実写映画を見る前に原作の方を見ておきたい方は、U-NEXTがおすすめです。

U-NEXTでは「約束のネバーランド」アニメの第一期、第二期が配信されています。

第一期は完全見放題で楽しむことができ、第二期も毎月もらえるポイントを使って視聴できます。

 

さらに、U-NEXTでは電子書籍の配信も行っているので、「約束のネバーランド」のマンガを読むこともできますよ。

31日間の無料トライアルがあるので、初回登録の方は無料でU-NEXTを利用できます。

無料トライアル期間も600ポイントがもらえるので、見放題のアニメ第一期を楽しみつつ、ポイントを使って無料で第二期を視聴したり電子書籍を読んだりすることができますよ。

無料でアニメもマンガも楽しめるなんて、お得すぎる!
シネマ子
オレンジ
無料期間内に解約すれば料金は一切かからないから安心だね

 

映画「約束のネバーランド」のストーリーは、アニメ第一期で描かれています。

原作を見ておきたい方は、U-NEXTに登録するとお得ですよ。

 

今すぐ31日間無料トライアルへ

U-NEXTの公式サイトはこちら

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

<合わせて読まれている記事>

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット9個とデメリット3つを徹底解説!
U-NEXTのメリット10個とデメリット3個を徹底解説

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子ユーネクストがどんなサービスなのか分からない シネマ子ユーネクストのメリット・デメリットが ...

続きを見る

U-NEXT(ユーネクスト)の評判・口コミは?【利用する前に読むべし】
U-NEXT(ユーネクスト)の評判・口コミは?【利用する前に読むべし】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子ユーネクストがどんなサービスか分からない シネマ子ユーネクストの評判や口コミが見たい シネ ...

続きを見る

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-日本映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5