日本映画

『約束のネバーランド』実写映画の相関図やメインキャストを紹介

実写「約束のネバーランド」の相関図・キャスト

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
実写映画『約束のネバーランド』の相関図を見たい
シネマ子
実写映画『約束のネバーランド』にはどんな俳優さんが出演するの?

実写版「約束のネバーランド」を鑑賞する前に人物関係を把握しておきたい人におすすめの記事です。

 

この記事の内容

・映画『約束のネバーランド』の人物相関図

・映画『約束のネバーランド』のメインキャスト一覧

・映画『約束のネバーランド』の原作情報

この記事では、実写版『約束のネバーランド』の相関図やメインキャストについて紹介します。

この記事を読めば、実写版『約束のネバーランド』の人物関係を完璧に把握できるようになりますよ。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

実写『約束のネバーランド』の相関図

オレンジ
実写の約ネバの登場人物たちの相関図を紹介するよ!

実写「約束のネバーランド」相関図

主な登場人物は、主役のエマ、ノーマン、レイと、ママ”イザベラ”、シスター”クローネ”です。

鬼の登場シーンはとてもスリリングですよ!

実写『約束のネバーランド』のメインキャスト

実写「約束のネバーランド」のキャスト

どんな役者さんが出演してるんでしょうか?
シネマ子
オレンジ
メインキャラを演じる俳優さんを紹介しよう!

エマ役:浜辺美波(はまべ みなみ)

エマ役の浜辺美波

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

主人公のエマを演じるのは、今を時めく大人気女優の浜辺美波です。

「君の膵臓をたべたい」で大ブレイクした女優さんですね。彼女の演技力には目を見張るものがあります。

 

エマは「グレイス=フィールドハウス」の子供たちの中でも抜群の運動能力の持ち主で、学習能力もピカイチ。

いつも明るく無邪気で、みんなのムードメーカー的な存在です。

オレンジ
浜辺美波さんも原作「約束のネバーランド」が大好きなそうだね

ノーマン役:板垣李光人(いたがき りひと)

ノーマン役の板垣李光人

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

ノーマンを演じるのは、板垣李光人

「仮面ライダージオウ」にも出演した俳優さんです。

 

ノーマンは非常に頭が良く、鬼ごっこでも負けなしです。ノーマンの頭脳に敵う者はいません。

子どもたちのリーダー的存在とも言えるでしょう。

オレンジ
板垣李光人さんの演技はとても優しい印象だったよ

レイ役:城桧吏(じょう かいり)

レイ役の城桧吏

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

レイ役を演じるのは、「万引き家族」にも出演した14歳の城桧吏です。

20歳の浜辺美波、18歳の板垣李光人と比べると、少し年齢差がありますね。

自分自身が演じることとなったレイが原作で一番好きなキャラクターだそうです。

 

レイは冷静で、いつも本を読んでいます。とても物知りで頭が良く、ノーマンと唯一互角に渡り合える子どもです。

とてもクールな少年ですが、エマとノーマンのことはとても大切に想っています。

オレンジ
城桧吏さんはとても自然な演技でレイ役にぴったりだったよ

イザベラ役:北川景子(きたがわ けいこ)

イザベラ役の北川景子

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

イザベラ役を演じるのは、皆さんお馴染みの北川景子

様々な映画やドラマで活躍する大女優ですね。今作では、とても恐ろしい演技を披露してくれました。

 

イザベラはとても優しいママですが、その正体は”食肉”として出荷するために子供たちを育てる恐ろしい女です。

時折エマたちに見せる恐ろしい表情がとても印象に残ります。

オレンジ
まさに北川景子さんにぴったりの配役!

クローネ役:渡辺直美(わたなべ なおみ)

クローネ役の渡辺直美

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社 (C)2020 映画「約束のネバーランド」製作委員会

クローネ役を演じるのは、”インスタ女王”と言われるインフルエンサーの渡辺直美です。

バラエティでも活躍してますし、海外でも有名な方ですね。

 

クローネはイザベラの部下としてハウスにやって来ますが、腹の内には”イザベラを失脚させたい”という黒い野望があります。

子どもたちにも容赦ありません。エマたちにとって脅威となる人物です。

オレンジ
渡辺直美さんのコミカルな演技には笑わされたけど、クローネの不気味で怖い表情をうまく表していたね

実写『約束のネバーランド』はどんなお話?

「約束のネバーランド」原作

(C)白井カイウ・出水ぽすか/集英社

原作を知らないので、「約束のネバーランド」がどんなお話なのか分からないのですが...
シネマ子
オレンジ
原作を見てなくても楽しめるように、簡単なあらすじを紹介しよう!

簡単なあらすじ

孤児院「グレイス=フィールドハウス」では、エマ、ノーマン、レイなど計38人の子供たちがママ”イザベラ”の優しい愛情に触れながら幸せに暮らしていました。

しかし、実はその孤児院は”鬼”が食す人間の食肉を育てるための農園だったのです。

イザベラは今までずっと、食肉として”鬼”に差し出すために子供たちを育てていたのです。

真実を知ったエマたちは脱獄することを決意。家族同然の子供たちを全員連れて脱獄する計画を練ります。

想定外の出来事が次々と巻き起こっていく中、エマたちは果たしてイザベラを出し抜き、ハウスから脱獄できるのか?!

原作『約束のネバーランド』について

原作『約束のネバーランド』は、週刊少年ジャンプ連載の漫画です。すでに完結済みの作品で、単行本の最終巻は20巻です。

ジャンプには珍しいダーク・ファンタジー系の世界観で、可愛い絵とは正反対の残酷なストーリーにみるみる惹き込まれていきます。

原作・・・白井カイウ

「少年ジャンプ+」でプロデビューを果たした漫画家です。

主な作品

・アシュリー=ゲートの行方(少年ジャンプ+)

・ポピィの願い(少年ジャンプ+)

・心霊写真師 鴻野三郎(週刊少年ジャンプ)

作画・・・出水ぽすか

様々な漫画作品やカードゲームの作画を担当してきたイラストレーターです。

主な作品

・おっす!グレートアニマルカイザーゴッド(てれびくん)

・魔王だゼッ!!オレカバトル(月刊コロコロコミック)

・ポピィの願い(少年ジャンプ+)

オレンジ
このお二方が大人気漫画を世に送り出したんだね!

『約束のネバーランド』実写映画の相関図やメインキャストを紹介まとめ

「約束のネバーランド」相関図まとめ

今回は、実写映画「約束のネバーランド」の人物相関図やキャストについて紹介しました。

キャストについてもう一度まとめておきますね。

映画『約束のネバーランド』メインキャスト一覧

・浜辺美波(はまべ みなみ)・・・エマ役

・板垣李光人(いたがき りひと)・・・ノーマン役

・城桧吏(じょう かいり)・・・レイ役

・北川景子(きたがわ けいこ)・・・イザベラ役

・渡辺直美(わたなべ なおみ)・・・クローネ役

どの演者さんも素晴らしい演技を披露してくれています。イザベラとクローネの怪演には特に注目して見てもらいたいです。

詳細なあらすじを見ておきたい方は、以下の記事を参考にしてください。

実写映画『約束のネバーランド』のあらすじを解説【ネタバレ無し】

 

「約束のネバーランド」の原作も気になります
シネマ子
オレンジ
原作を見たい人には、漫画もアニメも楽しめるU-NEXTがおすすめだよ

映画を観る前に原作を見て、あらかじめストーリーを把握しておきたい方は、U-NEXTでアニメ第一期を視聴するのがおすすめです。

アニメ第一期は実写映画と同じストーリーなので、鑑賞前の参考になりますよ。第一期は見放題作品なので、無料で好きなだけ視聴できます。

ポイントを使えば無料で電子書籍版の漫画を読むこともできるので、とてもお得ですね。

 

今すぐ31日間無料トライアルへ

U-NEXTの公式サイトはこちら

 

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

<合わせて読まれている記事>

U-NEXT(ユーネクスト)のメリット9個とデメリット3つを徹底解説!
U-NEXTのメリット10個とデメリット3個を徹底解説

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子ユーネクストがどんなサービスなのか分からない シネマ子ユーネクストのメリット・デメリットが ...

続きを見る

U-NEXT(ユーネクスト)の評判・口コミは?【利用する前に読むべし】
U-NEXT(ユーネクスト)の評判・口コミは?【利用する前に読むべし】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子ユーネクストがどんなサービスか分からない シネマ子ユーネクストの評判や口コミが見たい シネ ...

続きを見る

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-日本映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5