海外映画

『インセプション』のネタバレを徹底解説【ラストが意味深】

『インセプション』のネタバレを徹底解説【ラストが意味深】

出典 dTV

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
映画『インセプション』を簡単に復習したい
シネマ子
『インセプション』のネタバレを知りたい

『インセプション』の内容を復習したい人におすすめの記事です。

 

この記事の内容

・『インセプション』の作品情報

・『インセプション』の簡単なあらすじ

・『インセプション』のネタバレ

この記事では、映画『インセプションの簡単なあらすじやネタバレを紹介します。

この記事を読めば、『インセプション』の内容をきっちり復習できますよ。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

『インセプション』の作品情報

公開:2010年

上映時間:148分

原題:Inception

監督:クリストファー・ノーラン

日本興行収入:データ無し

世界興行収入:8.368億ドル

『インセプション』の登場人物

主要登場人物

主人公:ドム・コブ(俳優:レオナルド・ディカプリオ)・・・他人の夢に入り込み、情報を盗み出すスパイ。妻「モル」を殺害した容疑をかけられているため、子供たちがいるアメリカに帰れない。

サイト-(俳優:渡辺謙)・・・日本人の実業家。ライバル会社をつぶすために、その会社の次期会長である「ロバート」を利用しようと考える。

アーサー(俳優:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)・・・コブと同じく、他人の夢から情報を盗むスパイ。

アリアドネ(女優:エレン・ペイジ)・・・パリで建築を学んでいる大学生。コブに”夢の世界を設計する”仕事を任される。

イームス(俳優:トム・ハーディ)・・・コブの知り合い。他人への変装を得意としている。

ユスフ(俳優:ディリープ・ラオ)・・・コブの知り合い。眠りに落ちるための鎮静剤の調合師。

モル・コブ(女優:マリオン・コティヤール)・・・コブの亡き妻。コブとの間には2人の子供がいる。

ロバート・フィッシャー(俳優:キリアン・マーフィー)・・・サイトーのライバル会社の次期会長。現会長「モーリス」の息子。

『インセプション』の簡単なあらすじ

『インセプション』の簡単なあらすじ

出典 映画.com

「エクストラクト」・・・他人の夢に入り込み、情報を奪う

「インセプション」・・・他人の夢に入り込み、考えを植え付ける

エクストラクト専門のスパイであるコブは、サイトーからインセプションの任務を依頼された。

サイトーの狙い

・サイトーは「モーリス」率いるライバル会社をつぶしたい

・近いうちに、モーリスの息子「ロバート」が会社を継ぐ予定

・そこでサイトーは、「父の会社をつぶす」という考えをロバートに植え付けようと考えた

コブのミッションは、ロバートに考えを植え付けること。

そのミッションの報酬として、サイトーはコブの犯罪履歴を抹消することを約束した。

犯罪履歴が消えれば、コブはアメリカに帰って子供と再会できる。ずっと子供に会いたがっていたコブは、”インセプション”の任務を引き受けた。

コブはインセプションの任務を成功させるために、仲間を集めた。

インセプション計画のメンバー

・コブ・・・夢に入り込むスパイ

・アーサー・・・夢に入り込むスパイ

・アリアドネ・・・夢の世界を設計する

・イーサム・・・様々な人物に変装する

・ユスフ・・・深い眠りにつくための鎮静剤を調合する

・サイト-・・・ミッション成功を見届けるために同行する

コブたちのターゲットである「ロバート」は、父モーリスとは不仲だ。

そこで、コブたちはロバートと父を和解させる方向で計画を実行しようと考える。

具体的には、

・夢の第1階層で、ロバートに”父との関係”を考えさせる

・夢の第2階層で、「父の跡を継ぐのではなく、自分で何か成し遂げよう」と思わせる

・夢の第3階層で、「自分の道を切り開く」という考えにたどり着かせる

という計画だ。

 

所要時間10時間のフライトの最中、コブたちは飛行機の中で”インセプション作戦”を実行する。

夢の第1階層で、サイトーが武装集団に撃たれてしまった。このまま死んだら”虚無”に落ちてしまうため、コブたちは任務完了を急ぐ。

虚無とは

虚無とは、形のない夢の世界。潜在意識のみ広がっている。

一生かかっても虚無から出られない可能性がある。

ユスフ1人を残して、他のメンバーとロバートは夢の第2階層へ落ちていった。

 

夢の第2階層で、コブはロバートにあえて「ここは夢の中だ」と伝える。

コブは、父の部下である「ブラウニング」が敵だとロバートに思い込ませた。

そして、コブは「ブラウニングの夢に入り込んで正体を暴こう」とロバートに提案する。ロバートはコブの提案に同意した。

 

この続きのストーリー(ネタバレ)を、今から徹底解説していきます。

前半部分の詳しいあらすじを見たい人は、下の記事をチェック!

『インセプション』の詳しいあらすじを見る

『インセプション』のネタバレ

ネタバレ

夢の第3階層へ潜り込む

アーサーを第2階層に残して、コブやロバートたちは第3階層に入ります。

そこは雪山でした。

ロバートに埋め込もうとしている考えは病院にあります。

第3階層での作戦

・「病院の金庫室には父の真意が隠されている」とロバートに信じ込ませる

・父の真意を知ったロバートは、触発されて「自分の道を切り開こう」と考える

・結果、ロバートは会社を継ぐのをやめ、コブたちの任務は果たされる

コブたちは別行動を取り、それぞれ病院に向かいます。

第2階層が無重力状態になる

第1階層では、ユスフが橋から車を転落させます。

その影響で、第2階層は無重力状態になりました。

アーサーは他メンバーをキックして目覚めさせないといけませんが、無重力なので不可能です。

キックとは

キックとは、平衡感覚を崩すこと。

例えば、椅子を倒したり、橋から飛び降りたり、川の水面に着水したりなど。

ユスフの特殊な調合によって、人間の「三半規管」は機能しているため、平衡感覚を崩すと強制的に夢から脱出できる。

そこで、アーサーはみんなの体をくくりつけて、エレベーターに乗せました。

爆弾をエレベーターに取り付けて、爆発の衝撃でみんなを目覚めさせる作戦に変更しました。

任務失敗か?!

ロバートは病院にたどり着き、金庫室の前まで来ました。

しかし、後ろからモルが接近し、ロバートを射殺してしまいます。

(コブの意識がモロを出現させた)

ロバートは死に、”虚無”の世界(第4階層)に落ちてしまいます。

コブとイーサムは任務失敗と判断し、脱出の準備を始めました。

そこでアリアドネは、任務続行の作戦について説明します。

アリアドネの作戦

・ロバートを追って、さらに下の階層(第4階層)に潜り込む

・ロバートを見つけ、電気ショックで蘇らせる

・第3階層に戻ってきたロバートを金庫室に連れていく

コブたちはその作戦を実行することにしました。

イーサムは瀕死のサイト-と第3階層に残ります。

コブとアリアドネは、一緒に第4階層へと入り込みます。

第4階層へ潜り込む

第4階層は、かつてコブとモルが作った夢の世界でした。

コブの家に入ると、妻のモルの姿がありました。

コブは、自分が罪悪感に苦しんでいることをモルに打ち明けます。そして、”コブとモルの過去”についてアリアドネに詳しく説明します。

コブとモルの過去

(回想)

コブとモルは自分たちで作った夢の中の世界に50年もの間暮らしていました。

コブは「何とか出ないといけない」と思いながらも、モルは戻ろうとしません。

そこでコブはモルの心の奥底に入り込み、「この世界は現実ではない」という考えを植え付けました。(インセプションを行った)

夢の世界から逃げるためにモルはコブと一緒に自殺し、現実世界に戻ってきます。

しかし、コブが行ったインセプションによって、モルは現実世界に戻った後も「ここは現実じゃない」と思い込みます。

そして、モルは現実世界に戻るために自殺しました。(モルは現実世界で自殺したため、本当に死んでしまった)

その際、モルは「自分を死に追い込んだのはコブだ」という内容の遺言を残しました。

だから、コブは殺害容疑で指名手配され、アメリカに住む子供に会えないでいるのです。

コブを残してアリアドネとロバートが第3階層へ

コブは「ここに残る代わりに、ロバートの居場所を教えてくれ」とモルに頼みます。

そろそろ瀕死のサイトーが死んで、第4階層に落ちてくる頃。

そのため、コブはサイトーを見つけてから脱出しようと考えています。

モルはロバートの居場所を教え、ロバートと共にアリアドネは第3階層に戻りました。

第4階層に残ったコブは、サイトーを待ちます。

作戦成功

第3階層に戻ったロバートは、父の金庫室に入ります。

そこには、病気で衰弱した父モーリスの姿がありました。

モーリスは「お前に失望したのは、わしを真似るからだ」とロバートに言います。

ロバートはモーリスのベッドのそばにある金庫を開けると、そこには風車がありました。

思い出の品を大切にとっていた父に感動し、ロバートは父との仲を取り戻ります。

そして、「父の後を継ぐのはやめて、自分で道を選択しよう」という意識が芽生えます。

これでコブたちの作戦は成功。

現実世界での目覚め

コブとサイトー以外はみんな第1階層まで戻りました。

コブは、老いぼれたサイトーに会いに行きます。

サイトーは、なんと何十年もの間、第4階層で過ごしていたのです。

コブは「戻ろう」とサイトーに声をかけ、現実に戻ります。

コブは現実世界の飛行機の中で目を覚ましました。他のみんなも機内で目を覚まします。

目覚めたサイト-はコブとの約束を思い出し、すぐに電話をかけてコブの指名手配を無効にします。

これでコブはアメリカに帰れるようになりました。

アメリカへ帰還 - 子供との再会

コブはアメリカに行き、子供たちに会いに行きます。

子供2人がコブの元へ駆け寄ってきました。コブは幸せそうに、子供と会話します。

しかし、机の上では、コブの”トーテム”であるコマが回り続けています…

トーテムとは

トーテムとは、自分が今夢にいるのかどうかを判断するための道具。

コブのトーテムは「コマ」で、夢の中ではそのコマは永遠に回り続ける。(つまり、コマの回転が止まれば、そこは現実世界だと判断できる)

このままコマが永遠に回り続けるかどうかは分かりません。つまり、コブのいる世界が現実なのか夢なのかは不明。

『インセプション』のネタバレを徹底解説【ラストが意味深】まとめ

今回は、映画『インセプション』のネタバレを徹底解説しました。

ラストは「夢か現実どっちなんだ?」という疑問を残して終わりました。とても気になりますね。

 

この結末は観る人によってとらえ方が変わってきますが、私は「コブのいる世界は夢の中」に一票!

つまり、「結局コブは現実に戻ってこれなかった」という結末として捉えます。(その方が怖くて、逆に終わり方として面白い気がするので)

あなたはどんな捉え方をしましたか? 観る人によって結末が変わるというのは、とても面白いですね。

『インセプション』を観た人におすすめの映画

インセプションを観た人は、『リミットレス』という映画がおすすめ!

『リミットレス』では、インセプションのような非現実的な世界観を体感できますよ。

『リミットレス』の主人公は、「NZT」という”脳を100%活性化させる薬”に出会います。人間の脳は普段20%しか働かないので、NZTを飲むと現実では考えられないことが起こります。

とてもワクワク、ハラハラするストーリー展開となっていますよ。

 

下の記事に『リミットレス』のあらすじをまとめました。あらすじを見ておきたい人はどうぞ。(ネタバレはありません)

『リミットレス』のあらすじを解説【ネタバレ無し】

 

あらすじを見ずに、今すぐ『リミットレス』を観てみたいという方は、以下の記事をチェック。

『リミットレス』を無料で観る方法をまとめています。

『リミットレス』を無料で観る方法とは

 

『リミットレス』を観てみる

U-NEXT(ユーネクスト)で無料視聴

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-海外映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5