海外映画

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじ【ネタバレ無し】

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
映画『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』を観る前に大まかな内容を知っておきたい
シネマ子
『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の感想を聞きたい

 

この記事の内容

・『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の基本情報

・『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじ

・『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の感想

この記事では、若者を中心に大ヒットした人気シリーズの最終作『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューションのあらすじや感想などを書いています。

この記事を読めば、『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の内容をしっかり把握できるようになりますよ。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

今作で、ついに反乱軍 vs 政府の戦いに決着が付きます。シリーズ全作の中で最も白熱したバトルが繰り広げられ、興奮収まらない内容となっています。

独裁体制の下で各地区の大衆を長年苦しめてきた首都「キャピトル」とスノー大統領。カットニスたち反乱軍は、キャピトルを崩壊させるために政府に最後の戦を挑みます。

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の作品情報

公開:2015年

上映時間:137分

原題:The Hunger Games: Mockingjay - Part2

監督:フランシス・ローレンス

日本興行収入:データ無し

世界興行収入:6.58億ドル

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の登場人物

主人公:カットニス・ニヴァディーン(女優:ジェニファー・ローレンス)・・・第12地区出身。反乱の象徴として、政府に立ち向かう。

ゲイル・ホーソーン(俳優:リアム・ヘムズワース)・・・第12地区出身。カットニスの幼馴染で、反乱軍の一員。

ピータ・メラーク(俳優:ジョシュ・ハッチャーソン)・・・第12地区出身。政府から解放されたが、洗脳されてカットニスを敵と思い込んでいる。

ヘイミッチ・アバーナシー(俳優:ウディ・ハレルソン)・・・反乱軍の一員。カットニスの良き理解者。

フィニック・オデイル(俳優:サム・クラフリン)・・・第4地区出身の青年。反乱軍の一員。

プルターク・ヘヴンズビー(俳優:フィリップ・シーモア・ホフマン)・・・反乱軍の中心メンバー。

アルマ・コイン首相(女優:ジュリアン・ムーア)・・・第13地区の首相。反乱軍のリーダー。

スノー大統領(俳優:ドナルド・サザーランド)・・・独立国家パネムの大統領。反乱軍を撲滅しようとしている。

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじ

相関図

以下が今作の相関図です。参考にしてみてください。

レボリューション相関図

ピータの様子

前作の最期で喉を絞められたカットニスは、声帯はまだ腫れていますが何とか話せるようになります。

プルタークは、洗脳治療として、親しい知人をピータに会わせます。その知人とは、カットニスの妹プリム。

ピータは最初はプリムと普通に話していましたが、カットニスの話になってどんどん口調が荒くなり、暴れ出します。

その様子を見ていたカットニスは、「あれはピータじゃない」と言います。

カットニスが銃撃される

カットニスはコイン首相に、キャピトルに行ってスノー大統領を討ちたいと伝えます。

しかしコイン首相は、まだ行かせられないと言います。キャピトルに行くには、まず第2地区を押さえる必要があります。

そこでカットニスは、反乱軍の士気を高めるために第2地区へ向かいます。

カットニス、ゲインたち反乱軍と第2地区の部隊は、爆撃によって政府軍の要塞に土砂崩れを起こして出口を塞ぐ作戦を考えます。

その作戦は成功し、カットニス達は要塞に侵入します。

ヘイミッチに言われて、カットニスは渋々ショートフィルム(大衆を鼓舞して反乱に参加させるためのもの)の撮影を行っていました。

しかし急に列車が現れ、生存者が出てきます。

カットニスは生存者の1人に近づきますが、その男に銃を突き付けられます。

カットニスは、「地区同士の抗争は無意味だ。」と男を説得し、男は銃を話します。

そしてカットニスは、「反乱軍はあなたたちの敵じゃない。スノー大統領が私たちの敵だ。」と生存者たちに訴えます。

するとカットニスは生存者の1人に銃で撃たれ、倒れてしまいます。

ピータとカットニスの面会

カットニスが撃たれる様子を見ていたアントニウス大臣は、カットニスは死んだとスノーに言います。

しかしスノーは、「なぜカットニスが死んだと決めつける」と言い、アントニウスを毒殺します。

スノーの予測通り、カットニスは死んでいませんでした。(防護服を着ていたため)

ヘイミッチはピータの記憶を呼び起こすため、「ピータに会ってくれ」とカットニスに言います。

カットニスは会いたくないと言いますが、無理やり面会させられます。

ピータはカットニスの記憶を少し思い出しましたが、相変わらずカットニスに敵意をむき出したままです。

カットニスが反乱軍と合流

フィニックとアニーの結婚式が行われました。

カットニスはコイン首相から「まだキャピトルには行くな」と言われていましたが、1人で抜け出してキャピトルへ行こうと考えていました。

ジョアンナから「0時に医療物資を運ぶ補給便が出る」という話を聞き、カットニスは結婚式を抜け出して反乱軍の元へ向かいます。

勝手に反乱軍の所へ行ったカットニスを見て、コイン首相は「今さら引き戻せないから、このままカットニスを前線に残しておこう」とプルタークに言います。

カットニスは反乱軍の基地でゲイルと合流します。

特別部隊の結成

カットニスは、反乱軍の精鋭部隊と共に行動することになりました。

メンバーは、ボックス大佐、ジャクソン中尉などの精鋭兵士と、ポラックス、クレシダなど撮影班、ゲイル、フィニック、そしてカットニスです。

この部隊は、「宣伝用」として特別に組織されたスター部隊です。

この部隊の任務は、キャピトルの通りでフィルムを撮影すること。

この部隊を取り仕切るボックス大佐は、拘束されたときに自害できるよう、ナイトロック(猛毒の実)をメンバーに渡します。

そして、ボックス大佐はキャピトルの至る所に仕掛けられた死の罠「ポッド」について説明します。

ホロ」という装置を使えば、キャピトルの地図やポッドの位置を3D映像で見ることができます。

ピータと合流

カットニス達はキャピトルの通りを進んでいきます。

道中、カットニス達の部隊にピータが派遣されます。

安全のため、ボックス大佐はピータに手錠をかけさせます。

ピータは、大分カットニスに関する記憶が戻ってきましたが、何が本当で何が嘘か分からなくなっているようです。

様々な「ポッド」の罠が襲う

ボックス大佐はカットニスに、「コイン首相はカットニスを脅威に思っていて、戦死させようとしている」と伝えました。

カットニス達はホロを駆使して、火炎放射ガトリング銃などのポッドは切り抜けていきます。

しかし、ボックス大佐が地雷を踏み、爆発に巻き込まれて負傷してしまいました。

ボックス大佐は自分の死を悟り、ホロのアクセス権限をカットニスに譲渡します。

そして、死ぬ間際に「上(コイン首相)は信じるな」とカットニスに伝えました。

ボックス大佐の死を悲しんでいる暇もなく、さらに黒い液体が大量に広場に流れ込んできます。

カットニス達は急いで建物の最上階に上がり、黒い液体は引いていきます。

カットニス達は負傷した隊員1人と付き添いの隊員を置いて、別の建物に移りました。

しばらくして、政府軍がその広場にやってきて、負傷した隊員がいる建物を爆撃します。

政府はこの爆撃でカットニス達が全員死んだと思い込み、カットニス死亡のニュースを報道します。

 

この続きのストーリー(ネタバレ)を見たい人は、以下の記事をチェック!

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』のネタバレを見る

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』の感想

カットニス

出典 映画.com

結末がとても良かったです。

私は、「カットニスならこうするだろうなぁ」と思って観ていたので、カットニスの最後の行動は納得です。

カットニスの最後の行動については意見が分かれるかもしれませんが、私はこの結末で良かったと思います。

この物語を最期まで見ると、戦争から学ぶことは多いなとしみじみ思います。「歴史は繰り返す」ということを認識させられる作品でした。

今作は「ハンガー・ゲーム」シリーズの中では最高の出来だったと思います。見どころはたくさんありますし、内容もとても面白いです。(ラスト含めて)

ダイナミックなギミックがたくさん出てくるので、興奮間違いなしだと思います。怖いシーンもありましたけどね笑

ストーリーとしては、前作の続きからそのままスタートし、反乱軍と政府軍との戦争が本格化します。

「ポッド」という政府軍の仕掛けに襲われながらもカットニス達が宮殿へ向かっていく流れは、ハラハラする場面が何度もあって臨場感満載でした。

ピータは前作から可哀そうな役回りになっていたので、ピータの精神が徐々に回復していったのが嬉しかったですね。

重要な役回りであるヘイミッチは、1作目から「ただの酔っぱらい」という印象が強かったですが、ストーリーが進むにつれ「割と頼れる存在」であり、彼の良い人柄が伝わってきます

カットニスにも親身になって接してくれるので、とても良い奴ですね。カットニスとヘイミッチの会話シーンはほのぼのします。

今作では心が痛む場面がいくつかありましたが、そういうのも全て含めて最高に面白いストーリー展開でした。

1作目から改めて振り返ると、人間同士のバトルロワイヤル的な殺し合いから、兵器を使った「戦争」としての殺し合いに発展しています。

1作目、2作目では「ハンガーゲーム」で人間同士が殺し合い、その無意味な戦いから反乱が起きて戦争へとつながっているので、シリーズ作品としてはしっかりストーリーが出来上がっています。

ハンガーゲームにしろ戦争にしろ、どちらも無意味な争いという点では同じなので、フィクションと言えども人間の愚かさを思い知らされます。

作品としてはとても面白いと思うので、ぜひ1作目から今作のラストまでぶっ通しで観てほしいです。

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじ【ネタバレ無し】まとめ

今回は、人気シリーズラスト作の『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじや感想を紹介しました。

動画配信サービスを使えば1作目からラストまで全部一気に観れるので、「ハンガー・ゲーム」シリーズを最大限楽しむことができます。

 

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』はU-NEXTで観ることができます。U-NEXTは31日間無料お試し中なので、ハンガー・ゲームだけでなく他の作品も1か月間無料で観れてしまいます。

家でゆっくり観れるので、ぜひU-NEXTに登録して人気サバイバルシリーズを楽しみましょう。

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

<合わせて読まれている記事>

動画配信サービスおすすめランキング【徹底比較】
動画配信サービスおすすめランキングTOP3【徹底比較】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子映画やドラマ、アニメを自宅でゆったりと観たい シネマ子動画配信サービスの種類が多すぎてどれ ...

続きを見る

ハンガーゲームまとめ
『ハンガー・ゲーム』シリーズまとめ【あらすじやネタバレ】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。   ここでは、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズに関する記事をまとめています。 気になる記事をご覧ください。 目次1 『ハン ...

続きを見る

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-海外映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5