海外映画

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレを徹底解説【丸わかり】

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレを徹底解説【丸わかり】

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』を簡単に復習したい
シネマ子
『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレが知りたい

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の内容を復習したい人におすすめの記事です。

 

この記事の内容

・『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の作品情報

・『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の簡単なあらすじ

・『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレ

この記事では、「ハンガー・ゲーム」シリーズ最終章の前編『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンスの簡単なあらすじやネタバレを紹介します。

この記事を読めば、『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の内容をきっちり復習できますよ。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の作品情報

公開:2015年

上映時間:122分

原題:The Hunger Games: Mockingjay - Part1

監督:フランシス・ローレンス

日本興行収入:2.0億円

世界興行収入:7.55億ドル

『ハンガー・ゲーム FINAL : レジスタンス』の登場人物

主人公:カットニス・ニヴァディーン(女優:ジェニファー・ローレンス)・・・第12地区出身で、政府への「反乱の象徴」。コイン首相率いる「反乱軍」に加わった。

ゲイル・ホーソーン(俳優:リアム・ヘムズワース)・・・第12地区出身で、カットニスの幼馴染。政府に立ち向かう反乱軍の一員。

ピータ・メラーク(俳優:ジョシュ・ハッチャーソン)・・・第12地区出身。前作の「第75回ハンガーゲーム」中止後、政府に捕らわれてしまう。

ヘイミッチ・アバーナシー(俳優:ウディ・ハレルソン)・・・第12地区出身。反乱軍の一員で、カットニスの良き理解者。

フィニック・オデイル(俳優:サム・クラフリン)・・・第4地区出身の青年。反乱軍の一員。

プルターク・ヘヴンズビー(俳優:フィリップ・シーモア・ホフマン)・・・反乱軍の中心メンバー。前作で「第75回ハンガーゲーム」の運営責任者(ゲームメーカー)を演じていた。

アルマ・コイン首相(女優:ジュリアン・ムーア)・・・第13地区の首相で、反乱軍のリーダー。

スノー大統領(俳優:ドナルド・サザーランド)・・・独立国家パネムの大統領。政府への反乱因子を排除したいと考えている。

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の簡単なあらすじ

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』の簡単なあらすじ

出典 映画.com

反乱軍に救出されたカットニスは、ある地下施設に連れていかれる。そこは、過去に滅んだはずの第13地区だった。

反乱軍は、第13地区で”政府への反乱計画”をこっそりと企てていたのだ。

カットニスは「反乱の象徴」として、各地区の住民たちを奮い立たせるための”ショートフィルム”を撮影することになった。

第8地区や第12地区など、政府軍の被害を受けた地区で撮ったフィルムが各地区に次々と流されていった。

「反乱の象徴」のショートフィルム

・惨劇の地を舞台に、「反乱の象徴」であるカットニスが演説を述べる

・その演説は、各地区の大衆を鼓舞するためのもの

・撮影したフィルムをどんどん放映して各地区の大衆をまとめることで、政府への”反乱の力”を強くするのが目的

フィルムを観てカットニスに鼓舞された大衆は、次々と反乱を起こしていった。

しかし、政府軍は反乱に対抗して、本拠地である第13地区を爆撃した。

カットニスたち「反乱軍」のメンバーは地下フィルターに隠れて、政府軍の爆撃が止むのを待つ。

 

この続きのストーリー(ネタバレ)を、今から徹底解説していきます。

前半部分の詳しいあらすじを見たい人は、下の記事をチェック!

『ハンガー・ゲーム FINAL : レジスタンス』の詳しいあらすじを見る

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレ

ネタバレ

スノー大統領の警告

夜、カットニスは地下シェルターの中でフィニックと会話します。

フィニックは、「自分では気付いてないかもしれないが、ピータに本気で恋をしているんじゃないか?」とカットニスに言いました。

カットニスも、ピータへの恋心には自覚があるようです。

カットニスが爆撃後の地上に出ると、大量の白いバラが散らばっていました。

カットニスは、これがスノー大統領からの脅迫メッセージだと分かりました。

カットニスは、「自分がマネシカケス(反乱の象徴)でいる限り、スノーは報復し続けるだろう」と思いました。

それが怖くなり、カットニスはフィルム撮影を拒否して地下施設に戻ります。

ピータ救出作戦

怯えているカットニスの元にヘイミッチがやって来ます。

ヘイミッチは、ピータ救出作戦を実行することをカットニスに伝えました。

ビューティーが行ったハッキングと停電によって、キャピトルの通信防衛が弱まっています。そのため、今がキャピトルに侵入する絶好のチャンスなのです。

カットニスは救出作戦に参加しようとしますが、すでに救出部隊がピータの元へ向かっていました。

フィニックの演説を撮影し、その演説を放送してキャピトルの電波を妨害している間に、救出部隊が侵入する計画です。

しかし、キャピトルの防空システムが復旧してしまいました。このままでは、救出部隊との通信が出来なくなってしまいます。

そこでカットニスは、「自分が映ればスノーは通信を中断しないだろう」と考え、通信でスノーに話しかけます。

スノーはカットニスの通信に応じました。

しかし、スノーは救出部隊が侵入していることに気付いているようです。スノーは通信を中断させ、救出部隊との通信は途切れました。

カットニスは、「ピータが殺されるのではないか」と心配になり、泣き叫びます。

ピータの異変

しばらくすると、救出部隊が戻ってきます。

治療室には、ジョアンナ、アニー(フィニックの恋人)がいました。

そしてカットニスは、ピータの治療室へ向かいます。

ピータはとてもやせ細っていました。

カットニスがピータに話しかけようとした瞬間、ピータが突然カットニスを襲って首を絞めます。

反乱軍の大佐がピータを押さえ、カットニスは治療室へ運ばれました。

ピータに仕込まれた残酷な罠

目覚めたカットニスは、怯えた表情をしています。プルタークとビューティーは、ピータに何があったのかカットニスに伝えました。

実は、ピータは政府に洗脳されていたのです。

ピータは、「トラッカー・ジャッカー」に刺されて精神を錯乱されている状態で拷問されました。そして、その恐怖がカットニスに向かうよう仕向けられたのです。

トラッカー・ジャッカーとは

トラッカー・ジャッカーとは猛毒スズメバチのこと。1作目にも出てきた。

刺されると激痛が走り、幻覚を見るようになる。

ビューティーは「ピータを治すのは難しい」と言いますが、プルタークは「治療チームを結成したから何とかなるだろう」と言います。

その頃、ピータは治療室の中で拘束され、暴れまわっています。(錯乱状態)

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレを徹底解説【丸わかり】まとめ

今回は、映画『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』のネタバレを徹底解説しました。

この映画では、次作『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』につながる重要なストーリーが描かれていましたね。

シリーズ全作のあらすじやネタバレを見たい方は、『ハンガー・ゲーム』まとめをご覧ください。

『ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス』を観た人におすすめの映画

レジスタンスを観た人は、『ハンガー・ゲーム』シリーズの続編を観るとさらに楽しめますよ!

次作『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』では、ついに反乱軍 VS 政府の戦いが本格的に始まります。

政府軍が次々と仕掛けてくる攻撃がすさまじいです。さらに、結末に超びっくりする人は多いと思いますよ。

 

最終作『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』を観る前に、まずはあらすじをチェックしておきましょう。

あらすじを見ておけば、ストーリーの理解がより進みますよ。

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』のあらすじを見る【ネタバレ無し】

 

「あらすじなんて見なくていい!」という方は、以下の記事をチェック。

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』を無料で観る方法をまとめています。

『ハンガー・ゲーム FINAL : レボリューション』を無料で観る方法とは

 

『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』を観てみる

U-NEXTの公式サイトはこちら

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-海外映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5