海外映画

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじ【ネタバレ無し】

ヘリアクション

出典 映画.com

こんにちは。

映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。

このように思っている人向けの記事

シネマ子
映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』を観る前に大まかな内容を知っておきたい
シネマ子
『ミッション:インポッシブル フォールアウト』を観た感想を聞きたい

 

この記事の内容

・『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の基本情報

・『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじ

・『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の感想

この記事では、トム・クルーズ主演の超人気シリーズの第6作目『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじや感想を書いています。

この記事を読めば、『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の内容をしっかり把握できるようになります。

 

【執筆者紹介】

・オレンジ@映画通の理系大学生

・毎日1本の映画を観るほどの映画好き

・総鑑賞作品数:数え切れません

 

ミッションインポッシブルはトム・クルーズ演じるイーサン・ハントの迫力あるアクションが見どころの一つ。今作でも、凄まじいアクションが飛び交っています。

今作のポイントは、人類の脅威となる核爆弾「プルトニウム」。イーサンはロシアから盗まれた3つのプルトニウムを奪還する任務を与えられますが、行く先には数々の敵・試練が待ち構えています。

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の作品情報

公開:2018年

上映時間:147分

原題:Mission: Impossible - Fallout

監督:クリストファー・マッカリー

日本興行収入:47.2億円

世界興行収入:7.91億ドル

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の登場人物

おなじみの登場人物

主人公:イーサン・ハント(俳優:トム・クルーズ)・・・CIAの極秘諜報部隊「IMF」の敏腕エージェント。今回、核爆弾「プルトニウム」の奪還を命じられる。

ルーサー・スティッケル(俳優:ヴィング・レイムス)・・・同じくIMFのエージェントで、イーサンが信頼を置く仲間。主に裏方担当。

ベンジー・ダン(俳優:サイモン・ペッグ)・・・同じくIMFのエージェントで、イーサンとは長い付き合い。コンピュータに強く、マスク変装が得意。

主要登場人物

オーガスト・ウォーカー(俳優:ヘンリー・カヴィル)・・・CIAのエージェントで、CIAのスローン長官に命じられて監視役としてイーサンに同行する。

ソロモン・レーン(俳優:ショーン・ハリス)・・・元MI6の諜報員で、犯罪テロ集団「シンジケート」の元リーダー。世界中の犯罪捜査機関で尋問を受けている。

ホワイト・ウィドウ(女優:ヴァネッサ・カービー)・・・表の顔は慈善事業家、裏の顔は武器売買のブローカー(仲買人)。警察とコネがあるため逮捕されないでいる。

イルサ・ファウスト(女優:ショーン・ハリス)・・・イギリスの諜報機関「MI6」のエージェント。レーンの中まではないことをMI6に証明するため、レーン暗殺を命じられる。

ジョン・ラーク(俳優:???)・・・プルトニウム奪還のカギを握る謎の男。

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじ

相関図

相関図を最初に見ておくと分かりやすいと思います。今作のキー人物・組織はホワイト・ウィドウジョン・ラーク神の使徒です。神の使徒は、かつてソロモン・レーンが作ったテロ組織「シンジケート」の残党達が結成した組織です。

フォールアウト相関図

イーサンが核爆弾「プルトニウム」の奪還を命じられる

主人公イーサンは、驚異的な威力を持つ核爆弾「プルトニウム」を3つ全て奪還することをIMFから命じられます。

そのために、イーサンはルーサーとベンジーと共に東ヨーロッパの闇組織とプルトニウムの取引を仕掛けます。

しかし、取引の途中で「神の使徒」が襲撃に入り、ルーサーを人質に取られてしまいます。

イーサンはルーサーを助け出しましたが、プルトニウムを神の使徒に奪われてしまいます。

イーサンはプルトニウムを奪い返すために、謎の男「ジョン・ラーク」の情報を入手しようとします。

そこで、ラークの思想を崇拝する核兵器製造の天才デルブルック博士を拘束し、巧妙な罠によってラークの手がかりをつかむことに成功します。

プルトニウム奪還の手がかりはラークと闇のブローカー「ホワイト・ウィドウ」のみ。

イーサンはマスク変装でラークに成りすまし、ホワイト・ウィドウとの接触を試みる計画を練ります。

しかし、IMFとイーサンを信頼しないCIA長官スーロンは、イーサンの監視のために敏腕エージェント「オーガスト・ウォーカー」を同行させます。

ジョン・ラークを探せ

ホワイト・ウィドウが「表の顔」としてパリで主催する慈善事業パーティーに潜入するため、イーサンとウォーカーはジェット機でパリに向かいます。

パーティー会場の真上から2人は飛び降り、パーティーに潜入します。ラークを探していると、トイレで怪しい人物を確認します。

2人はその男をラークだと確信します

イーサンとウォーカーは、ラークとトイレの中で激しい戦闘を始めます。

しかし、ラークのあまりの強さに2人は苦戦します。

イーサンが窮地に追いやられていたその時、突然MI6の諜報員イルサが乱入してラークを射殺しました。

ラークの頭が打ちぬかれたためマスクが作れず、変装はできなくなりました。

しかし、イーサンは誰もラークの顔を知らないことを逆手に取り、マスク無しでラークに成りすましてホワイト・ウィドウのドウの接触との試みます。

イーサンはウィドウと接触し、途中殺し屋たちの銃撃戦に巻き込まれながらも何とかウィドウの信頼を得ることに成功します。

ソロモン・レーンの奪還

ウィドウは神の使徒との仲介人を務めており、神の使徒はパリに護送されるレーンの奪還を企てています。

神の使徒の仲介役であるウィドウは、イーサンにプルトニウムを手渡す代わりにレーンの奪還を担わせます。(ウィドウはイーサンのことを「ラーク」だと思っているため、彼女はレーン奪還をイーサンに頼んだ)

この時、ウィドウは前払いとして3つのうち1つのプルトニウムをイーサンに手渡しました。

そのため、イーサンはレーンを手渡す代わりに残りの2つのプルトニウムを奪還する必要があります。

彼女らのレーン奪還の計画には警察の殺害が入っていたため、イーサンは別の手でレーンの奪還を試みます。

イーサンはトラックをレーンの乗った護送車に激突させ、川に落とします。

イーサンは逃走し、警察は何台ものパトカーやバイクでイーサンを追いかけます。

その間に、ルーサーとベンジーは川に沈んだ護送車からレーンを奪還します。

そして、ボートにレーンを乗せ、追われていたイーサンも何とか彼らと合流します。

車に乗り換えてレーンを運んでいる最中、MI6の諜報員イルサにレーンが狙われます。

イーサン達はイルサを何とか振り切ります。

そして、イーサン達はIMFのハンリー長官と合流します。

イーサンは長官から「CIAはイーサンが本物のラークだと疑っている」ことを聞かされます。

イーサンはそれを否定しますが、長官はイーサンに任務を降りるよう迫ります。

仕方なくイーワンは長官を気絶させ、残りのメンバー(ルーサー、ベンジー、ウォーカー)でレーン引き渡しの作戦を試みます。

その作戦とは、レーンのマスクをベンジーに被せ、ベンジーを替え玉として神の使徒に引き渡すというものです。

 

この続きのストーリー(ネタバレ)を見たい人は、以下の記事をチェック!

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のネタバレを見る

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』の感想

ビルを飛び越えるトム・クルーズ

出典 映画.com

今作の感想を一言でいうと、大迫力のアクションに圧倒されました。ミッションインポッシブルはどの作品もアクションがすごいですが、今作も期待を裏切らない出来だったと思います。

今作の最大の見どころはトム・クルーズのスタント・アクションです。今作では、高度数万フィートでジェット機から飛び降りるシーンやビルの屋上を次々に飛び越えていくシーン、ヘリを操縦するシーンなど、迫力満点のシーンがいくつもありました。

僕は、それらのシーンは全てCGなんだろうなと観ながら思っていました。しかし、それらは全てトム・クルーズ自らが体を張って演じているのです。僕はこの事実に驚愕です。

ビルからビルへと飛び越えていくシーンでは、トム・クルーズは壁に激突して右足を骨折したそうです。骨折してもなお演技を続けるそのプロ根性は、さすがの一言ですね。

また、トム・クルーズはヘリのアクロバティック飛行を自分自身で行うために、わざわざヘリの操縦免許を取得したそうです。あの危険な操縦をトム・クルーズ本人がやっているなんて、とてもじゃないけど信じられないですよ。でも、本当にやっているんです。

トム・クルーズの体を張った大迫力のアクションに、誰もが興奮しまくるでしょう。

アクションだけではなく、とても凝って作られているストーリーも最高です。

「一番最初に出てくるあの伏線は何?」
「ジョン・ラークの正体はいったい誰なの?」
「ホワイト・ウィンドウって味方なの?敵なの?!」
「毎度のことだけど、どうやってイーサンはこの無理難題なミッションを達成するの?!」
など、物語中で気になることが山積みで、ずっと興奮しっぱなしでした。

ですが、各登場人物や組織との関係性が少し複雑で分かりづらかった部分もありますね。特に、ソロモン・レーンやジョン・ラーク、ホワイト・ウィドウの関係性が良く分かりませんでした。

これから「ミッションインポッシブル6 フォールアウト」を観る方は、相関図をおさらいしておくと良いと思いますよ。

関係性が少々複雑だろうと、そんなのお構いなしに面白い作品です。特にアクション好きにはたまらないと思いますので、迫力満点のアクションをぜひ味わってみてください。

映画『ミッション:インポッシブル フォールアウト』のあらすじ【ネタバレ無し】まとめ

今作のミッションインポッシブルもアクションの迫力がすごく、とても見ごたえのある作品でした。ビルの屋上を走り回るシーンやヘリを操縦するシーンを特に注目して観てもらいたいです。トム・クルーズの生身の演技に、きっと圧巻されるでしょう。

ただ、登場人物の関係性が複雑なので、最初から登場人物や組織の関係性に注目しながら観ていくと良いでしょう。また、相関図をあらかじめ見ておくと、ストーリーがより分かりやすくなりますよ。

次から次へと繰り広げられる怒涛のアクションに、目が釘付けになること間違いなしです。寝る前に観てしまうと、興奮しすぎて眠れないと思いますので注意しましょう。

『ミッション:インポッシブル フォールアウト』はU-NEXTで観ることができます。U-NEXTは31日間無料お試し中なので、フォールアウトだけでなく他の作品も1か月間無料で観れてしまいます。家でゆっくり観れるので、ぜひU-NEXTに登録して爽快アクションを楽しみましょう。

 

※本ページの情報は2020年12月時点のものです。

最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

 

<合わせて読まれている記事>

動画配信サービスおすすめランキング【徹底比較】
動画配信サービスおすすめランキングTOP3【徹底比較】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。 このように思っている人向けの記事 シネマ子映画やドラマ、アニメを自宅でゆったりと観たい シネマ子動画配信サービスの種類が多すぎてどれ ...

続きを見る

『ミッション:インポッシブル』まとめ
『ミッション:インポッシブル』シリーズまとめ【あらすじやネタバレ】

こんにちは。 映画をこよなく愛する”映画マスター”のオレンジです。   ここでは、映画『ミッション:インポッシブル』シリーズに関する記事をまとめています。 気になる記事をご覧ください。 目次 ...

続きを見る

応援ポチ、よろしくお願いします!


映画ランキング

-海外映画

© 2021 【映画バイブル】オレンジシネマ Powered by AFFINGER5